x100f

四代目、X100F

気温はそろそろ春を通り越して初夏に迫る勢いだ。すこし前まで木々は枯れ木同様だったのにすでに緑の葉に包まれている。 暑さに弱い自分はもう冬物はしまいこみ、来たる梅雨の時期を考えて戦々恐々とする日々。出かける際にはTシャツの上に軽くシャツを羽織るシーズンだが、なかなかぴったりのサイズが見つからないので服屋に行くのは好きではない。それでも最近、何店舗か巡ってようやく裄丈の長いものを見つけた。いっそのこと洋裁を学んで自分で作れるようになりたい。 »

Yusuke Shinozaki
x100f

X100 series, the size and the weight

X100系は括ってしまえばコンデジと呼ばれる範疇に入る。しかし昨今の基準を考えればそのサイズや重量はDSRLなどより「比較的」軽量コンパクトなだけで、ポケットに入れるのは多少無理があるしやはりずっしりとしている。単焦点レンズ固定式デジタルカメラと考えた方がしっくりくるだろう。ファインダーなどを含めてフル機能を持ったラインアップとしては現在、他にLeica QやSonyのRX-1RM2があり、 »

Yusuke Shinozaki
x100f

The lens on X100 series

今までのX100シリーズではスペックよりも使い勝手の向上に力が注がれて来た。しかし、ユースケースを考えた場合に足りないものがまだ残っている。その一つはレンズに距離指標を付けること。距離指標はマニュアルフォーカスでリズムよく撮影するのに欠かせない機能だ。これは全くもって個人的な要望に過ぎないのだが期待して待っていたい。 さて、ここではX100シリーズを四代に渡り支えてきた23mmF2のレンズを振り返ってみる。 画角 »

Yusuke Shinozaki